筋トレ

ジム代がもったいない!と感じてしまう人の特徴と節約の方法

困った人
困った人
ジムに通っているけど、ジム代がもったいない。節約する方法はないかな…
Roeback
Roeback
24時間ジムに通って3年以上の私がジム代がもったいないと感じてしまう人の特徴や節約方法を解説します。

ジムに契約だけして全く行かずに、お布施となっている人やジムに通っているのに効果を感じられない人は、「ジム代がもったいない!」と感じているでしょう。しかし、ジムは正しく通うことで費用以上の効果を実感できることも少なくありません。

この記事では、ジム代がもったいないと感じてしまう人の特徴やジム代を抑える節約方法、効果を感じるためのポイントを紹介します。

ジム代がもったいないと感じる人

ジムに通っていても、効果が感じられずジム代がもったいないと感じる人もいるでしょう。そう感じる人の特徴は以下のとおりです。

ジム代がもったいないと感じる人
  • 週に1回しか行けない
  • トレーニングのやり方が分からない
  • ルームランナーしか使わない人
  • 家からジムの距離が遠い
  • 自分に合っていないジムに契約している

週に1回しか行けない

週に1回しかジムに行けない場合、ジム代にに対する効果があまり感じられないでしょう。その結果、ジム代がもったいないと感じてしまいます。

週に1回のジムでは筋トレの効果をほとんど感じることができません。最低でも週に2~3回は行く必要があります。

仕事が忙しくて行けないと言う人は休日や仕事前に行くことで週2~3回行くことはできるでしょう。

Roeback
Roeback
私は仕事が終わるのが遅いので、仕事前にジムに行って週5日筋トレをしています。
筋トレがめんどくさい
筋トレがめんどくさいと感じるあなたへ: 効果的で手軽な筋トレ方法「筋トレ めんどくさい」と検索した人は、筋トレに行くのがめんどくさくなってしまった人でしょう。 筋トレがめ...

トレーニングのやり方が分からない

トレーニングのやり方が分からないと、ジムを有効活用できていないと感じることがあります。適切なフォームやトレーニングメニューがわからないとモチベーションの低下にも繋がります。

この問題を解決するためには、トレーナーに相談するか、トレーニングに関する情報を自分で学ぶ必要があります。今の時代はYouTubeで無料のコンテンツがたくさんあるので、その方法が一番おすすめです。

ルームランナーしか使わない人

ルームランナーしか使わない場合、高いジム代を支払う価値を感じにくくなるかもしれません。外で無料で走ることができるため、ジム特有のサービスや設備を活用しないのはジム代の無駄とも言えます。

何をやればいいか分からず、とりあえずルームランナーをやっている人も多いです。

Roeback
Roeback
昔の私もそうでした。

ジムでのトレーニングをより豊かにするためには、様々な器具を使ってトレーニングをするのがよいでしょう。筋肉をつけたい人だけではなく、痩せたい人も筋トレが一番効果的な方法です。

家からジムの距離が遠い

家からジムの距離が遠いと、通うのが面倒になりがちです。特に疲れている日や天候が悪い日は、ジムに行くハードルが高くなります。このような場合、自宅近くのジムを選ぶか、自宅でできるトレーニングを取り入れることで、運動習慣を維持することが可能です。

ジムは設備ではなく、距離の近さで選ぶことが継続のコツです。

Roeback
Roeback
私は徒歩20分の場所にあるゴールドジムではなく、徒歩5分の場所にある24時間ジムに通っています。距離が近いほうが継続しやすいからです。

自分に合っていないジムに契約している

自分の目的に合っていないジムに契約していると、ジム代がもったいないと感じることがあります。例えば、設備が充実していて高いが、自分は基本的な器具しか使わないといった場合です。

このような状況を避けるためには、契約前にジムの体験利用を行い、自分に合ったジムを見つけることが重要です。

Roeback
Roeback
私は朝一にジムに行くので、24時間ジムに契約しています。

ジム代がもったいないと感じる人の節約方法

ジム代を節約する方法

ジム代がもったいないと感じている人はすぐにジムを辞めるのではなく、以下の方法を試してみてください。

ジム代を節約する方法
  • 安いプランに変更する
  • 安いジムに変える
  • ジムを解約して自重トレーニングをする
  • 週に3回以上通う

安いプランに変更する

現在のジムが高額である場合、より安いプランに変更することで節約が可能です。多くのジムでは、利用時間帯や曜日に制限のあるプランを安価で提供しています。

自分のライフスタイルに合わせてプランを見直し、無駄な出費を減らしましょう。

安いジムに変える

通っているジムに安いプランがない場合は、今よりも安いジムに変えるのもよいでしょう。最近は低価格で質の高いジムも増えており、必要十分な設備を備えている場所が多くあります。

コストパフォーマンスを重視するなら、ジム選びを見直してみましょう。入会金無料などのキャンペーンを実施しているジムも多いので、有効活用しましょう。

ジムを解約して自重トレーニングをする

ジム代を完全に節約したい場合は、ジムを解約して自宅で自重トレーニングを行うのも一つの選択肢です。自重トレーニングは、特別な器具が不要で、自分の体重を利用して行うため、場所を選ばずに実施できます。

また、オンラインで様々なトレーニング方法を学べるため、自宅でも効果的な運動が可能です。

自宅トレーニングは「今日はやらなくていいや」と強い意志がないと継続できないケースも多いので、意思が弱い人はジムに通ってトレーニングをするのがおすすめです。

週に3回以上通う

ジムのコストパフォーマンスを高めるためには、週に3回以上通うことが推奨されます。頻繁に通うことで、ジムの各種設備やサービスを最大限に活用でき、1回あたりのコストを抑えることができます。

例えば週に1回の人と週に3回の人では以下の通り、1回あたりのコストに大きな差ができます。

ジムの月額が8,000円の場合…
週に1回:8,000円÷月に4回 =2,000円/1回
週に3回:8,000円÷月に12回 =約666円/1回

また、定期的に運動することで、筋トレの効果を実感しやすくなります。

ジムで効果を感じるためのポイント

ジムで効果を感じる方法

ジムの効果を感じることができないと「ジム代がもったいない」と感じてしまうでしょう。ジムで効果を感じるためのポイントは以下のとおりです。

ジムで効果を感じるポイント
  • 3ヶ月以上継続する
  • 週に3回以上通う
  • 食事を気をつける

3ヶ月以上継続する

ジムで効果を感じる上で一番大切なことは「継続すること」です。「継続は力なり」と言われるように、長期間にわたるトレーニングは、確実に成果に繋がります。

いきなり3ヶ月以上頑張ろうとしても続かない人がほとんどなので、まずは1週間、1ヶ月と達成しやすい目標を立てて、ジムに通うようにしましょう。

習慣化することができれば、無理せず継続することができるようになります。

週に3回以上通う

週に3回以上ジムに通うことで、定期的なトレーニングを実施できるため、体力の向上や筋力の増強など、顕著な効果を実感しやすい傾向にあります。筋肉の合成は2~3日続くので、2日おきにトレーニングをすることで筋肉の合成を継続的に促すことができます。

3分割法でトレーニングをすることで1週間で全身を鍛えることができます。

食事を気をつける

ジムでのトレーニング効果を最大限に発揮するためには、適切な食事管理も重要です。バランスの取れた食事や適切な栄養摂取を心がけることで、筋肉の合成を促すことができ、より高いトレーニング効果を得ることが可能です。

食事を全く気にせずにトレーニングだけを一生懸命頑張っても、筋トレの効果は感じづらいです。

食事と運動の両方に注意を払うことで、理想的な身体を手に入れることができます。