筋トレ

筋トレをしている人の食費は高い?節約する方法を紹介

困った人
困った人
カッコいい体を手に入れたいけど、筋トレしている人の食費は高いの?節約する方法はないの?
Roeback
Roeback
私は1か月の食費を2~3万円で節約して、筋肉をつけています。2023年にはフィジークの大会にも出場しています。

筋トレを始めてカッコいい体を手に入れたい人の中で、「筋トレは食事にこだわる必要があるからお金が掛かりそう」「プロテインなどサプリを大量に買わないと行けない」などお金に関しての心配をする人もいるでしょう。

Roeback
Roeback
私も筋トレを始める前は同じような悩みを持っていました。

しかし、筋トレを始めてから意外にお金がかからない方法があることを知りました。節約しながらカッコいい体を手に入れることができるのです。

この記事では、フィジークの大会にも出場経験のあるトレーニーの私が節約しながら筋トレでカッコいい体を作るための食事方法をお伝えします。おすすめのメニューや実際の私の食費もお伝えします。ぜひこの記事を参考にして、コスパよくカッコいい体を手に入れましょう。

筋トレの食費を抑える方法

筋トレをしている人はプロテインやサプリメントなど、お金がかかってしまいます。そんな人に向けて食費を節約しながら筋肉をつける方法をお伝えします。

食費を節約する方法
  • 外食をしない
  • 鶏むね肉メインにする
  • サプリはセールで買う
  • いきなりサプリを買いすぎない
  • ふるさと納税を活用する

外食をしない

外食は便利ですが、食費がかさむ原因となります。また、1日の栄養素も計算しづらくボディメイクにはあまり向いていません。

一方で自宅での食事は、栄養バランスを考えたメニューを自分でコントロールできるため、筋トレの成果を最大限に引き出すことができます。さらに、調味料や調理法を工夫することで、飽きずに続けられる多様なメニューを楽しむことができ、外食に比べて大幅にコストを抑えることができます。

外食を全くしないのはキツいと思うので、多くても週に1回くらいに抑えるようにしましょう。

Roeback
Roeback
私は月に2回だけ外食します。頻度が少ないと1回の外食にかなりありがたいみを感じます。

鶏むね肉メインにする

鶏むね肉は高タンパク・低脂肪で、筋トレをしている人にとって理想的な食材です。また、お肉や魚の中では安く手に入るため、食費を抑えつつ必要な栄養を摂取できます。

調理法も豊富で、焼く、煮る、蒸すなど、様々な料理にアレンジ可能です。鶏むね肉をメインにした食事を日常に取り入れることで、コスパよく筋肉を増やすことができます。まとめ買いや冷凍保存を活用すると、さらに節約が可能です。

Roeback
Roeback
私は肉のハナマサで毎週2kgの鶏むね肉を買っていますが、1,000円前後です。

サプリはセールで買う

筋トレに欠かせないサプリメントは、セール時にまとめ買いするのがよいです。定期的に行われるセールや、オンラインショップの割引キャンペーンを活用することで、高品質なサプリメントを安く手に入れることができます。

また、楽天お買い物マラソンのようなポイント還元やクーポンを利用することで、さらにお得に購入することができます。計画的にセール情報をチェックし、必要なサプリメントを賢く購入することで、食費全体のコストを削減することができます。

Roeback
Roeback
私はマイプロテインのセールでまとめ買いしています。



いきなりサプリを買いすぎない

筋トレを始めたばかりの人はいろいろなサプリメントを買おうとしますが、まずはプロテインとBCAAだけでよいです。それ以外の栄養素は食事から補給するようにしましょう。あれもこれも買ってしまうと、お金がいくらあっても足りなくなってしまいます。

サプリメントはあくまでも補助するためのものなので、最初から頼りすぎるのはおすすめしません。筋トレYouTuberは色々なサプリをおすすめしていますが、彼らはビジネスでおすすめしているケースが多いので、信じすぎないほうがよいです。

まずはバランスの取れた食事を基本にし、不足しがちな栄養素だけを補うようにサプリメントを選ぶほうがよいです。

ふるさと納税を活用する

ふるさと納税は、税金の控除をしながら筋肉に良い食材を入手することができます。実質2,000円で多くの食材を返礼品として受け取ることができるのです。この制度を活用しない手はないでしょう。

Roeback
Roeback
私はふるさと納税でお米やホタテ、鮭などの食材を受け取っています。

それ以外にも色々な食材があるので、探してみてください。



私が実際に食費を抑えながら筋肉をつけるために食べているメニューを紹介します。節約するだけではなく、美味しく食べることができるメニューです。

おすすめの節約メニュー
  • 鶏むね肉チャーシュー
  • カレー
  • サバ缶丼
  • プロテイン

鶏むね肉チャーシュー

鶏むね肉のチャーシュー

鶏むね肉はコスパもよく、タンパク質が豊富な食材です。しかし、パサパサなので苦手な人が多いのも事実です。

そんな人には鶏むね肉のチャーシューがおすすめです。鍋や電子レンジなどで調理する方法がありますが、低温調理機が圧倒的に美味しいです。コンビニのサラダチキンもパサパサに感じてしまうくらい、しっとり仕上がります。低温調理器自体は少し高いですが、それ以上の価値はあります。

カレー

カレー

カレーはカロリーが高いイメージを持っている人もいますが、ジャワカレーの脂質50%オフのルーと鶏むね肉を使えば高タンパク低カロリーのメニューになります。ルーは1皿で40円ほどなので、費用をかなり抑えて、筋肉によい食事をすることができます。

その他の食材はじゃがいもなど糖質が多い野菜以外のものを入れていただければよいです。私は玉ねぎ、しめじ、ナスなどを入れます。野菜もたくさん摂れるので、筋トレにおすすめのメニューです。

created by Rinker
¥2,365
(2024/06/20 16:54:59時点 楽天市場調べ-詳細)

サバ缶丼

サバ缶丼

サバ缶は他の缶詰にくらべて安いにもかかわらず、高タンパクで良質な資質を多く含んでいる食材です。必須脂肪酸であるオメガ-3脂肪酸が豊富に含まれているので、脂肪燃焼に効果的です。

缶詰であるため保存が効き、長期間ストックしておけるため、食材の無駄を減らせます。調理が簡単で、サラダやパスタ、炊き込みご飯など様々な料理に手軽に使えるため、忙しいトレーニーでも手軽に栄養を補給することができます。

サバ缶は、経済的でありながら栄養価の高い、トレーニーにとって理想的な食材です。

プロテイン

プロテイン

プロテインは手軽にコスパ良くタンパク質を摂取できるサプリメントです。コンビニやスーパーで買うプロテインは高いので、ネットやドラッグストアでプロテインパウダーを購入した方がコスパは良いです。

安いものだと1杯で100円もしません。食事をプロテインだけにするのは他の栄養素が足りなく、おすすめできないので間食などで取り入れるようにしましょう。

Roeback
Roeback
WPIやWPCなど色々な種類がありますが、安いもので良いと思います。

週6日筋トレをする私の1か月の食費

ほぼ毎日筋トレをやっていて、フィジークのコンテストにも出場する私の1か月の食費は増量期や減量期によって変わりますが、大体2~3万円です。

  • 鶏むね肉:2kg1,100円×4(毎週)=4,400円
  • 白米2kg:1,000円
  • 餅2kg:1,000円
  • 野菜:3,000円
  • ジャワカレー脂質50%オフ:350円
  • サバ缶:200円×8(週2回)=1,600円
  • プロテイン1kg:2,980円
  • BCAA500g:2,480円
  • サプリメント(ビタミン、クレアチンなど):5,000円
  • 外食:3,000円×月2回=6,000円
  • その他食材(納豆、キムチ、調味料など):5,000円

基本的には鶏むね肉をメインで、たまにサバ缶などを食べます。外食は月によりますが、多くても週に1回くらいです。

まとめ

節約をすればお金をかけずに筋トレでカッコいい体を手に入れることができます。

鶏むね肉をメインで、最低限のサプリメントを摂取するだけでも問題ありません。鶏むね肉は調理のバラエティも豊富なので、飽きずに食べることができます。

外食は高くて栄養が偏るので、あまりおすすめはしません。

この記事で紹介しているメニューや節約方法を参考にして、お金をかけずにいい体を手に入れましょう。